スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

えむえむっ! 7 

えむえむっ! 7 (7) (MF文庫 J ま 1-10)えむえむっ! 7 (7) (MF文庫 J ま 1-10)
(2009/02)
松野 秋鳴

商品詳細を見る


バレンタイン、闘争の時は来たれり。
第2ボランティア部へ久々に舞い込んだ依頼はバレンタインをぶっ潰すこと。
そこで部が、ひいては学校が美緒様率いる『カカオ・クラッシャー』に対し、
嵐子率いる『乙女の気概』がバレンタインを守らんと立ち上がったことで二つに割れる事態に。
今回は辰吉が冒頭を除いて常時アントワネットなわけですが、
可愛くてエロいのに男だから困る。ピンナップといいヒロインすぐる。
そしてロリコンはまた無駄にかっこいいなぁ……ああいう精神は素敵です。

間に前巻で登場した七葉と砂戸一家を交えたバレンタインの話がありますけど、
七葉はあんま好きなタイプのキャラじゃないのでちと微妙かもー。
挿絵が砂戸姉母に回されてたら大喜びでした。多分。

コミックもほぼ同時発売でアニメ化はそう遠くない……?
と思ってたけど、最後の展開で2桁前に終わっちゃいそうな気もしてきた。
美緒様も対峙した嵐子の言葉で自分の太郎への感情を恋と理解したー?
って思ったらラストで嵐子が太郎に告白を。
果たして誰が正ヒロインの座に納まるのやら、次回も期待ですなー。

ところで前巻に付属してたアンケートの結果が発表されましたが、
読者の6割がMとは流石の結果ですな。
人気投票は砂戸姉が4位で母が9位ってのが一番驚いたり。
嫌いな人はどっちも嫌いそうなイメージがあるけれども。僕は母になんて入れてませんヨ。うん。
[ 2009/02/21 18:45 ] ラノベ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
カウンター
プロフィール

ホヒ爺

Author:ホヒ爺
swordian(∵)hotmail.co.jp
然るべき箇所を@に変えませう

ブログ検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。