スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

マクロスフロンティア Vol.1 クロース・エンカウンター 

マクロスフロンティア  Vol.1 クロース・エンカウンター (角川スニーカー文庫 206-1)マクロスフロンティア Vol.1 クロース・エンカウンター (角川スニーカー文庫 206-1)
(2008/07/01)
小太刀 右京

商品詳細を見る


マクロスFの本編7話までのノベライズ第1巻。
小説媒体と言う事で、各キャラの心理はよりよく分かりますー。
展開も各部でちょろちょろ違いますな。

アルトの名前は有人と書くそうな。
家柄が家柄なので、小説ではちょくちょく歌舞伎役者らしいとこやら
日本人っぽい所を見せてくれます。
ランカやシェリルとシェルターに落ちた時もシェリルにアッチの世界の人間だと見抜かれ、
二人の前で歌舞伎をやってみせたりしてます。
そしてレオン杉田がバジュラなどの発表をしてるのを見て、
彼が前からバジュラを知っていた事を見抜いたりも。
しかしこう見てると歌舞伎役者に戻るんじゃね?なんて思えたり思えなかったり。

生身じゃないけど生身でバジュラ倒すグレイスはもうラスボスでいいんじゃね?
心理とかも人間離れしてるんですのな。

美星学園にはボーマン、とゆー名の生徒さんがいるそうな。
ゼントラとのハーフでYF-21乗りのあの人を連想する名前ですな。
他にも過去作のキャラ名や事件名なんかは本編より多く見られるかも。
オズマはちょくちょくファイヤーボンバーだそうな。
SMSにはVF-19やVF-22Sもあるのね。是非使ってください。
小説ではアルトの戦闘シミュレータ相手としては
VF-19A(パイロット設定はあの男)が登場しますが。

インフィニティ、じゃなくてマクロス。
そういえばアニメ本編ではマクロス歌わないのかなぁ。
そしてマクロスキャノンでなくダイダロス&プロメテウスアタックなのも熱い。

ギアスといい、角川のノベライズ系は本編補間しつつ微妙にオリジナル展開入り、
って感じで結構安定して満足でき感。
てなわけで本編見てるorマクロスファンならどぞー。
[ 2008/07/02 23:55 ] ラノベ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
カウンター
プロフィール

ホヒ爺

Author:ホヒ爺
swordian(∵)hotmail.co.jp
然るべき箇所を@に変えませう

ブログ検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。