スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

リボルテックヤマグチ No.54 マクロスプラス YF-21/ガルド機 

リボルテックヤマグチ No.54 マクロスプラス YF-21/ガルド機リボルテックヤマグチ No.54 マクロスプラス YF-21/ガルド機
(2008/06/12)
不明

商品詳細を見る


YF-21も19と同時に発売。
自分が一番好きなバルキリーなのでわぁいと言わざるを得ないΩ1です。



ゼントラ系デザインのバトロイド形態とかイカス。
塗装品質は意外と問題なさげ。



可動はVF-1とかと同じ感じですが、それらに比べて
背中が大きいので干渉しやすいです。頭部も形状的に可動はイマイチ。
手足の翼などはリボ球で可動します。
そして肩が6mmなのですげーヘタレやすいです。
フォルム的にしょうがないのは分かるけど、リボ球、それも6mmの品質的になぁ。。



ファストパックはちゃんと成型色かつ設定通り。
なぜYF-19はこれっぽちの当然な事ができなかったんだと(ry



ガンポッド。






ピンポイントバリアパンチ。エフェクトはYF-19より小さいです。



ピンポイントバリアもYF-19と同じく2種付属。
こちらは2つ同時に装着させることができます。






ファストパック付けわすれた。



YF-19のファストパック取れるとこ間違えた。テラミス頻発。












うーん。やっぱこの2機は変形玩具が欲しくてたまらん。















コッチはもうすぐカタがつく……!一杯やるのが楽しみだ……!



じゃあ……先に行ってるぜ……


以上ー。
21、19共にマクロスでは格闘戦の印象強い期待ですし、
そういうポーズこそよく決まるリボは格好の素材なわけで。
やっぱりセットで買ってガンガン殴りあわせませう。
[ 2008/06/15 19:41 ] 玩具レビュー | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
カウンター
プロフィール

ホヒ爺

Author:ホヒ爺
swordian(∵)hotmail.co.jp
然るべき箇所を@に変えませう

ブログ検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。