スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

とある魔術の禁書目録 13 

とある魔術の禁書目録(インデックス) (13) (電撃文庫 (1411))とある魔術の禁書目録(インデックス) (13) (電撃文庫 (1411))
(2007/04)
鎌池 和馬、灰村 キヨタカ 他

商品詳細を見る


表紙は久々の一方通行、とインデックス。
構図やら色合いやらからしても前巻との対比なわけですが、本編もそれに準じています。
具体的には笑い所なしで肉片飛んだりと真逆ですな。

上下巻の下巻にあたることもあり、最初からクライマックスです。
当麻&打ち止め、と一方通行&インデックス、とヒロイン取替えっこしたりもしつつ、
それぞれの話が進行していくわけですが。
当麻と一方通行の電話がいいなぁ。あの夏の日、死闘を繰り広げて今までニアミスばかりだった二人が、
声(しかも相手があの時の人物とは気づいてないけど)だけとはいえ、再び出会う事になるとは。
この電話シーンだけ見ても分かる通り、一方通行も随分変わったなぁ。
戦い方や戦う理由に迷いつつも、最後にはただ打ち止めのために戦おうとするあたりに燃え。
真っ黒な闇に、悪になってでも守り抜こうとする姿勢に燃え。
謎の黒い羽とか噴出してましたが、一体何なんでしょうかね。能力の変化?

一方、当麻はいつもの禁書的な感じにガンガン戦ってます。
友達のために、それ以外の理由もなく戦う姿はヒーロー然として燃えるけど、
今回はページの割合もあって一方通行のインパクトに押し負けたかも。

しかし、カエル顔の医者があんな重要キャラだったとは……
しかも地味になんか渋カッコイイ。

ローマ聖教と学園都市が戦争でもおっぱじめそうな状況になったり、
一方通行が今回ぶっ壊した街の修理代他の分だけ働けって事でどっかに連れていかれたり、
と色々気になる要素、それもでっかいのが残りましたが、はてさてどうなることやら。

[ 2008/03/03 01:25 ] ラノベ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
カウンター
プロフィール

ホヒ爺

Author:ホヒ爺
swordian(∵)hotmail.co.jp
然るべき箇所を@に変えませう

ブログ検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。